FC2ブログ
ありのままの自分で勝負!だからありのままの自分を磨くんです。






プロフィール

ハナたん

Author:ハナたん
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


塩崎切り
麻生太郎幹事長をトップとする自民党の新執行部は28日、党内人事を進めたが、政調会長代理に決まりかけていた塩崎恭久前官房長官が外される“番狂わせ”があった。安倍首相は、「お友達内閣の象徴」塩崎氏の起用を強く求めたが、麻生氏ら執行部が拒否したという。「塩崎切り」の舞台裏で、何があったのか。

 「官邸崩壊を招いた戦犯である塩崎氏を政調会長代理に起用したら、またお友達批判が出ていただろう。自民党は生まれ変わらねばならない。今回の決断は英断だ」

 自民党ベテラン議員は話す。

 政調会長代理は、首相の“お友達”石原伸晃政調会長を実務面で補佐する役割を担う。当初、首相は、このポストに塩崎氏の起用を強く求め、28日午前の段階では塩崎氏の就任が内定したとみられていた。

 このため、党内では「石原氏に続いて、またお友達か」との批判が出始めていたが、この人事に「待った!」をかけたのが麻生氏ら新執行部だった。

 麻生氏は27日の会見で「ぶっ壊れた自民党を再興するのが、執行部の使命だ」と、挙党一致を確立し、構造改革路線で疲弊した地方の救済を進める考えを表明していた。

 だからこそ、麻生氏周辺も「塩崎氏は官房長官時代をみても分かるとおり、調整能力が乏しく、構造改革論者。何よりお友達内閣の象徴である塩崎氏の就任は認められない」と判断したわけだ。

 塩崎氏に代わって、麻生氏らが代理に抜擢(ばってき)したのが、山崎派の渡海紀三朗元文部科学副大臣。

 渡海氏は園田博之元官房副長官、後藤田正純衆院議員らが参院選後に旗揚げした派閥横断の反安倍勉強会のメンバーだったが、28日にグループを脱会し、代理就任を受ける考えを伝えた。

 渡海氏起用の理由について、石原氏は「今後は野党との折衝が大事になる。かつて渡海氏は新党さきがけの政調会長をしており、この点を重視した」と説明した。新党さきがけには、民主党の菅直人代表代行、鳩山由紀夫幹事長らが所属していた。民主党との政策協議に向け、渡海人脈を有効活用する思惑だ。

 さらに、自民党関係者は「渡海氏の起用は、中堅・若手による反安倍勢力の動きを早期に潰したいとの狙いもあるのだろう。反安倍勉強会は、メンバーと近い与謝野官房長官が実現したことで下火になっていた。今回の人事で、渡海氏もメンバーから離れ、首相を脅かす火種はなくなった」と話している。

ZAKZAK 2007/08/29

 政治家って仕事しないで他人を蹴落とすことばっかやってますよね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://arinomamame.blog40.fc2.com/tb.php/114-16bc79ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。